患者様の声

※患者様のご了承を得てお名前、体験談、写真を掲載しております。
※股関節疾患でお悩みの方はメールで直接、患者様にお問い合わせできます。
「お問い合わせ」ボタンをクリックしてください。
※患者様のご好意で掲載していますので、くれぐれもメールマナーに則ってお問い合わせしてください。
※メール送信後、1週間以上経っても返信が届かない場合、アドレスの入力間違い等が考えられます。
その際はお手数ですが再度のお問合せをお願い致します。

馬場友子様からの声

今度は石部先生はじめ多くのスタッフの方々のおかげで無事MISの手術を受けることができ、うれしく思っております。20年以上悩んでいた事が嘘のようです。今迄には、自分の骨を使ってする手術もありえたようですが・・・

詳細

I.A様からの声

私は股関節に関する情報を収集しておりました所、NTT東日本病院で最新式の医療を駆使した手術方法で通常の入院期間を大幅に短縮した日数で退院できる事を知り、当該病院で手術を受けることを決めました。

詳細

飯田かずえ様からの声

私がはじめて足腰に痛みを感じたのは、平成11年2月頃突然でした。 その当時、私は仕事していたので休日には仲間より紹介された針や指圧にも通っていましたが、一向に良くならないので思いきってある整形外科病院へ行き診断の結果は、変形性股関節症と言われましたが、はじめて聞く言葉でした。

詳細

匿名患者様からの声

私は、小学生の時ペルテス氏病と言われ、長い間登別厚生病院に入院していた事があります。 45歳を過ぎたころからまた股関節が痛く、歩くときはつま先で歩き、左足は大分細くなっていました。

詳細

匿名患者様からの声

外出が出来る喜びを今、味わっております。 以前は足の痛みで外出を控えて、家で痛みと悲観とで暗い日を送っておりました。 職場での会合も出席せず、とても淋しい思いも致しました。

詳細

七戸はるみ様からの声

私の股関節が痛くなりだしたのは、ここ数年のことでそれまでは普通に運動も出来ましたし、仕事もハードにこなして出張も月に2~3回出掛けて多忙な生活でした。

詳細

渡辺恵美子様からの声

石部先生の「MIS+ナビゲーション」方式で、2004年11月12日(金)に右股関節を手術していただいた67歳の主婦です。 手術後1日目で午後より看護師さんについてもらい、歩行器でトイレに自力で歩行出来たのがとてもうれしく、今でも忘れられません。

詳細

嶋田米子様からの声

股関節で悩んでる人に喜びを与えたい。 私は「うーそみたい」と普通に使う言葉がぴったりとした実感、瞬間でした手術して2日目ベットから降りて、こわごわ立ち上がった時、股関節の痛みがまったく無く「うーそ」と感動しました。

詳細

匿名患者様からの声

変形性股関節症で長い年月のうちに軟骨も磨耗してしまい、早く歩けない、長時間歩けない、歩き始めが痛いので、歩くのが辛くなっていました。

詳細

川崎様からの声

私は55才。9月29日に右股関節を人工関節にする手術を受けました。 手術前は、夜になると痛みがまし、階段は四つんばいになって、はっておりましたし、痛みで顔のしわもずい分ふえたように思います。

詳細

大賀様からの声

私は、数年前よりリウマチを患い、以来NTT東日本札幌病院には通院していました。 股関節の損壊で激痛をもよおし、家の中を歩くのも困難になってきたので、石部先生の人工股関節手術をうけることを決意しました。

詳細

山本様からの声

私は7月末に左股関節変形症と診断され、MISと言う最小侵襲手術を受けました。従来の手術方法だと2ヶ月の長期入院が必要となり、傷口も大きいと言う事で、自営をしている私は躊躇していました。

詳細

酒井様からの声

50数年付き合って来た、股関節亜脱臼ですが、近年は痛みがとみに増し、歩く姿もひどい格好で歩いて居た様で、本人は対して感じて居なかったのですが、退院後に各人に言われました。

詳細

コンテンツ

  • プロフィール手術実績
  • 手術実績
  • 人工股関節MIS
  • ナビゲーションシステム
  • よくあるご質問
  • 関連記事について
  • 股関節の運動療法
  • 患者様の声患者様へのご質問
  • 石部基実クリニック